モグニャンとカナガン徹底比較|2つのキャットフードを1年間利用した感想

モグニャンとカナガン比較

ブログ管理人

『モグニャン』と『カナガン』を三匹の愛猫たちにそれぞれ1年間与えた我が家。

その感想と2つのキャットフードの比較を本ページでは解説します。

『モグニャンキャットフード』を食べ始めて1年間が経過しました。
参考記事モグニャンの口コミ

毎日のご飯タイムを待ちわびている我が家の3ニャンたち。フードを器に入れる音を聞くと、3匹とも走ってきます。

今回はモグニャンを与えてから1年が経過した我が家の猫たちの様子と、以前に1年間食べさせていた『カナガンキャットフード』の比較を紹介します。

モグニャンキャットフードを与えてから毛並みがフワフワに変化した

モグニャンとカナガンの比較

最近、以前にもまして食欲が増してきた我が家のニャンコたち。

ご飯を食べた後も、「まだ足りない」と催促されることもあります。特にメス猫は、一番小柄なのにお腹周りのポッチャリ度は他の猫よりも勝っているくらいです。

そんな我が家のニャンコたち、冬になり毛並みは以前よりもフワフワのモフモフになったのです。

白黒ハチワレは黒毛が艶々、白毛は真っ白です。白灰ハチワレは長毛な毛がフワフワで、一番触り心地が良くなっています。

モグニャンを食べるハチワレ

さらに先住の黒猫は現在7歳ですが、まだまだきれいな毛並みをしています。

実家で飼っている猫達と比べると、見た目も触り心地も我が家のニャンコたちの方がとても良いです。もちろん体臭もありません。あまりの触り心地の良さに、寝ている猫の背中に顔をスリスリしてしまいます。

以前『カナガンキャットフード』を与えていた我が家。その時も食べ始めて数カ月で毛並みの変化が見られました。

しかし『モグニャン』に替えてから、3匹ともさらに毛並み綺麗になりました。

もう触り心地、抱き心地はサラサラで極上!SNSで画像をアップすると、「どうしてそんな毛並みがいいんですか?」「毛並みをよくする方法があったら教えてください」などのコメントやDMも貰うほどです。

ブログ管理人

こうやって愛猫さん達に褒めたられると、うちのニャンコ達もやるじゃないか!と私も鼻高々です笑

モグニャンに替えて毛並みが良くなったの2つの理由

以前に猫たちにあげていた『カナガン』も『モグニャン』と同じく、ヒューマングレード(人間も口にできる食材でつくられている)のキャットフード。

それなのに、どうしてモグニャンに替えると毛並みが良くなったのか?

その理由を猫の様子を観察して考察した結果、私なりに導き出した結論が次の2点です。

『モグニャン』に変えて毛並みがよくなった理由
  • 吐き戻しがなくなった
  • 原材料の良質な白身魚

1.食べやすいサイズだから吐き戻したなくなった

モグニャンのサイズ

まず1点目の『吐き戻しがなくなったこと』、モグニャンはカナガンと比べて小粒で小柄な猫ちゃんも食べやすいサイズ。

我が家の長男猫(6歳オス)はエサを丸呑みして食べることが多く、これまでは吐き戻しに悩んでいました。

実際にカナガンやそれ以外のフードを与えていた頃は、吐き戻しにかなり悩まされました。

しかし『モグニャン』に変えてから、吐き戻し回数が激減。そのおかげで栄養をしっかり取れるようになり、毛並みをツヤツヤになったんだと思います。

これが一つ目の理由です。

2.モグニャンの原料はヒューマングレードの白身魚

白身魚

さらに毛並みの良さにつながったもう一つの理由が、モグニャンの主原料に使われている白身魚だと考えられます。

モグニャンにはヒューマングレード(人間が口にしても大丈夫)の良質な白身魚をたっぷり使用。白身魚は高たんぱく&低脂質で栄養価が高い食材。

被毛の主成分であるケラチンの作るために必要なタンパク質をを豊富に含む食材です。

しかも魚のフィッシュオイルは脂肪分は皮膚や毛に潤いを与え保護する効果があるといわれており、食べ続けることで猫の毛並みの変化を期待できます。

そのように被毛に嬉しいお魚がたっぷり含まれいたこともが、毛並み改善につながった理由だと考えます。

ことはとてもうれしいことです。

『カナガンキャットフード』と『モグニャンキャットフード』とを徹底比較

モグニャンを食べる猫

我が家では以前、『カナガンキャットフード』を約1年にわたり猫に与えていました。

フードは良かったのですが、今と比べると吐き戻しが多く現在の『モグニャンキャットフード』に変更しました。今のフードにしてからは吐き戻しもほとんどありません。

我が家の猫には『モグニャンキャットフード』の方が合っていたように思います。とは言え『カナガンキャットフード』も良いフードです。

ブログ管理人

そこで2つのフードを愛猫に与えてみて、実際どうだったかを比較してみました。

■モグニャンとカナガンの比較表

モグニャン カナガン
主原料 白身魚 チキン
穀物
不使用
不使用
匂い
あまり無い
きつい
粒の大きさ
小さめ
大きめ
ウンチの量
多め
多め
おすすめ点 ・吐き戻しが減った
・チャック付きで保管しやすい
・匂いが控えめ
・猫の食いつきは良い
・モグニャンより1日あたりのフード量が少ない
総合評価 星5個 星4個

どちらのフードも同じ価格です。原料に穀物が使われていないこと、添加物も使用されていないことはとても高く評価できます。大きな違いは主原料と粒の大きさです。

モグニャンキャットフードの方が粒は小さいため、吐きもどしが多い猫ちゃんには特におすすめ。

ブログ管理人

我が家では最終的に『モグニャン』を選択

今でも猫ちゃんたちにあげ続けています。

一方、カナガンキャットフードはモグニャンキャットフードよりも粒が大きいので、吐きやすかったのかもしれません。さらに匂いもかなりきついので、吐いた後はけっこう匂いが残って大変でした…。

『モグニャンキャットフード』も『カナガンキャットフード』も同じ会社(レティシアン)が販売しています。

もしどっちのフードが良いか迷ったら、それぞれ1袋ずつ購入することもできるので検討してみてください。組み合わせ購入も可能ですよ。

まとめ

モグニャンとカナガンの比較

我が家の猫達もモリモリ食べてくれている『モグニャンキャットフード』。味に少し飽きてきたら他のフードを少し混ぜて与えるものの、今でも好んで食べてくれています。

毛並みも良く、7歳の愛猫は今でも大きな病気をすることなく元気です。1歳半の妹猫もモリモリ食べて、以前よりもポッチャリ体型になってきました。

吐き戻しが多い猫ちゃんや、毛並みを良くしたい、安全なフードを選びたいと思ったら、一度『モグニャンキャットフード』を試してみてください。

ブログ管理人

モグニャンキャットフードを1年間、愛猫に食べさせた詳しいレビューは次の記事で紹介しています。

モグニャンの口コミ・評判が気になる方はそちら(↓)をご覧ください。


モグニャンの口コミ